忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



昨日、アニマルプラネットと言う番組があり、昆虫特集がありました。

色々な昆虫の紹介があり面白かったのですが、その中で一番ショッキングな映像がありました。
それはミツバチとオオスズメハチに関する放映なのですが、ミツバチの全滅シーンとオオスズメバチの全滅シーンでした。
その時に、ミツバチはセイヨウミツバチとニホンミツバチがあるのを知りました。
知ったと言うよりは、思い出したと言う方が近いのですが、ただセイヨウミツバチとニホンミツバチのスズメバチに対抗する手段が違う事は始めて知りました。

それまでは、スズメバチが巣に入ると大勢のミツバチがスズメバチを取り囲みその体熱でスズメバチを熱死させるのは知っておりました。
しかし、そのシーンは日本ミツバチの特有手段だった様です。
結局、セイヨウミツバチの方はそう言う事がなく、ただ全滅させられるだけ。
そのシーンが余りにも凄絶なのでショックでした。
逃げれば良いものを・・・・・・・。
結局、逃げないのでただ噛み殺されるだけ・・・・・・。
検索の結果、セイヨウミツバチはスズメバチの居ない所で家畜化されたものだと言う事を始めて知りました。
無理もないんですねえ。

スズメバチの方もです。
殺すなら、餌になる分だけでも良いものを・・・・・・。
と、ちょっと怒りを感じてしまいました。 (o_ _)oバタッ

結局、養蜂家によってオオスズメバチの巣ごと全滅させられるのですが、セイヨウミツバチは人の助けがないと駄目らしいんですね。
又、オオスズメバチも女王バチがフェロモンを出さなくなると周りの働きバチに噛み殺されるのもショックですが、その後、幼虫以外の仲間同士で戦いが繰り広げられ全滅するのもこれも又ショックでした。
その幼虫からは、新しいオオスズメバチの女王が出てくるのですが、その新しい女王ハチの出現は旧女王ハチの死を意味するとの事、興味深い特集でした。

余りにも印象が強くてちょっと記事にしてみました。

他、参考になる記事もありましたのでご紹介しておきます。
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave35.html

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31