忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



皆様、お久しぶりです。
二人の娘は大学生になり、学費も仕送りにも色々とお金がかかります。
そのため、趣味のアクアリウムにはお金が回らず、トラブルもあり、ついに魚はカクレクマノミ一匹、サンゴは海綿のみと言う惨憺たる状態になりました。
このカクレクマノミと海綿を引き取ってくれる方が居まして、昨日持って行きました。
その方の水槽の方が、私の水槽よりは状態が良い為、快適に過ごせるだろうと思います。
なんせ、夏でもクーラーを繋いでいない位でしたから、珊瑚も弱って当然です。
もっと早く水槽をたたんで別の方に引き取ってもらうべきでした。

これからは、60センチ水槽で水草水槽に転換します。
60センチ水槽という大きさは、年齢的にも本当に無理のない大きさですね。

この淡水水槽のバックウォールに、ATSのバックグラウンドツリーがあります。 http://www.mmcplanning.com/images/item/ats/img_fresh_backwall.gif
今回は、左のAタイプを使ってレイアウト、当然ながらも底沙も敷きますので久しぶりに底面吹上を使う予定です。
外部フィルターは、4台も使わないと思います。
過去の珊瑚水槽に外部フィルターを4台使用しましたが、考えてみたら厚い底沙を敷いていたのですから4台も要らなかったかな?と思います。
何故なら、厚い底沙が一種の濾過槽だからです。
但し、底沙が貧弱であれば4台は必要でしょうけど、底沙が厚ければ2台で十分かも知れません。
底面パイプに繋ぐ外部フィルターは、流量が落ちない外部フィルター(例えば、テトラEXフィルターとか)を使用して、物理濾過重視。
もう一つの外部フィルターは、自然と流量が落ちる外部フィルター(例えば、エーハイムクラシックとか)使う予定で生物濾過重視。
すべて、自宅にあるものばかりで、ただ部品の調達が必要になるでしょう。
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31